本当に食べたいものを食べること

なんとなく最近食について思うのは、「そんなに食事に神経質になることはない」ということです。

最近とても悩みながら買い物をしている人を見かけます。

わたしはいろんな場所へ買い物に出掛けますが、その度にひとつひとつ食品を何度も見直したり、また他の似たような食品としばらく比較したりしてかなり慎重な買い物をしている様子がうかがえます。

慎重に買い物をするようになったのは食品の価格が上がったり消費税が8パーセントまで上がったからだと思いますが、それにしてもここ最近買い物に慎重な姿勢の人をたくさん見かけます。

限りあるお金なので物価が上がれば慎重に買い物せざるを得ないわけですが、あまりに悩んでしまうと食べていても美味しくないんじゃないかと思うのです。

結構直感でその時食べたいものを選んでしまった方が健康に良かったりします。

身体は正直に今の自分に必要なものを知っています。

欲しい!食べたい!と思った物がそれだということが多いので、健康のことも考えて本当に食べたいものを選んだ方が良いと思います。

がん予防に効果的な野菜

いくら健康な生活を送っていてもさまざまな病気を発症する恐れがあります。

しかし、摂取する事でがん発症の予防に大きな効果を期待出来る野菜があります。

まずピーマンです。

特に赤や黄色など塾したピーマンには細胞の免疫力を高めるビタミンAやビタミンCが豊富に含まれており、緑ピーマンの3倍はあると言われています。

またβカロテン抗酸化作用が強い野菜となっています。

次にニンニクです。

ニンニクは野菜の中でもありとあらゆる栄養素が豊富で野菜の王様とも言われています。

ニンニクに含まれている成分には細胞の老化防止や病気の予防に効果的な硫化アリルと言う強力な抗酸化作用があり、がん予防に大きな効果を期待出来るものとなっています。

またニンニクに含まれているセレンというミネラル分は脂質を分解させる効果を発揮し、がん発症を抑える働きがあります。

日常で摂取して野菜には多くのがん予防となる成分が含まれているので、野菜を日々摂取する事が大切となります。

楽に野菜をとりたい

野菜は大事!ということはわかっています。

自分でも普段の食事では必ず野菜を取り入れています。

野菜を食べることは嫌いではないし、好きな野菜もたくさんあるので、野菜を中心にした食生活には抵抗がないです。

けれど自分が充分に野菜をとれているという自信はありません。

CMでも普通に野菜を食べているだけでは足りないと言っていますし・・、とはいってもこれ以上は無理、とも思います。

こういうこととは関係なく、以前から青汁やスムージーを飲んでいます。

毎日ではなく、ひと袋買ったらそれが終わるまでは飲み続け、飲み終わったらすぐに新しいのは買わず、ときどき飲みたくなって買う、という不定期な飲み方です。

これでは野菜不足を補えているとは思えません。

でも、私にとってはこれは限界です。

野菜を充分にとるために、けっこう食費が上がってしまいますし。

とはいっても、もうちょっとどうにかしたいです。

楽に野菜をとりたいので、少ないながらも家庭菜園を始めようと思っています。